探山訪谷[Tanzan Report]
space
space
space
space
 No.785【恵那山のクラシックルート】
space
220701_1
space
space
神坂峠の上部から望む南アルプス(小河内岳から右に3,000mを超える高峰群と上河内岳・光岳・池口岳・鶏冠山へかけての山稜)
space
space
space
220701_2
space
space
仙丈岳から昇る太陽(左は鋸岳と甲斐駒ヶ岳。右は白峰三山。最遠景左は八ヶ岳連峰の硫黄岳・赤岳・権現岳など)
space
space
space
220701_3
space
space
ウバナギ(崩落地)
space
space
space
220701_35
space
space
最遠景左から木曾御嶽・乗鞍岳・穂高連峰(西穂高岳・奥穂高岳・前穂高岳)。遠景右は南木曽岳
space
space
space
220701_4
space
space
テングナギ(崩落地)
space
space
space
220701_5
space
space
山頂に建つ恵那神社本社
space
space
space
220701_6
space
space
サラサドウダンに覆われる山頂
space
space
space
220701_36space220701_37
space
space
左=自然石に彫られた境界(×)標識  右=モミ・コメツガ・トウヒの林
space
space
220701_7space220701_8
space
space
左=針葉樹林の林床  右=十六合目
space
space
220701_9space220701_10
space
space
左=役行者像  右=行者越の岩場
space
space
220701_11
space
space
物見ノ松から見下ろす恵那・中津川方面(遠景中央左は笠置山。右手に二ツ森山。前景右手は前山)
space
space
space
220701_12space220701_13
space
space
左=物見ノ松から降ってきた尾根を見上げる  右=物見ノ松の岩場
space
space
220701_16
space
space
枯れたヒノキの大木(「枯大桧」)
space
space
space
220701_14space220701_153
space
space
左=不動明王像(中ノ小屋跡)  右=五合目の標石
space
space
220701_19space220701_20
space
space
左=前宮ルート登山口  右=W.ウェストンの銅像
space
space
220701_17
space
space
恵那神社(拝殿前に夫婦杉がそびえる)
space
space
space
220701_18
space
space
川上の集落(遠景は焼山の山稜)
space
space
space
space
 木曽山脈の最南部に離れて位置する恵那山(胞衣山・胞山)は大きな台形の山容が特徴だ。美濃側ではその姿から舟覆(ふなふせ)山・船伏山・横長岳とも呼ばれており、胞衣(えな)は天照大神の胎盤を埋めたことに由来するという。
 恵那神社の参詣道である前宮(まえのみや)ルートは行程が長いので敬遠されがちだが、できることなら一度歩いてみたかった。往復は厳しいので、神坂(みさか)峠から登って川上(かおれ)へ降りることにする。それでも、登りは1,000メートル以上、降りは2,000メートルに達する標高差があり、距離は約17キロメートルという長丁場だ。
 帰りの交通を考えて、日の出直前の午前4時30分に峠を出発する。明るくなってきたので快調に進み、千両山から鳥越峠へアップダウンを繰り返す。ウバナギの崩落地手前は東斜面をトラバースして大判山へ。テングナギ辺りからサラサドウダンの花が目立つようになった。木によって濃淡があり、そのグラデーションが美しい。標高2,150メートルを超えると修験者が往来した前宮ルートが合流する。わずかな登り降りを繰り返して頂上の一等三角点に達した。途中にはいくつもの社祠と避難小屋が建っている。岩場からは富士山が望めるそうだが、うっかり見逃してしまった。
 神坂峠への分岐に戻り、一乃宮社を見て尾根を降る。はじめはなだらかな道で歩きやすい。十八合目・十六合目など階層を示す標石が残る。一般的には十合目を山頂とするが、この山は二十合あるという。「空八丁」の急坂を降ると十四合目へ着く。この先に行者越の岩場と物見ノ松があって西側は開けていた。しばし風景を楽しむ。1,801.5メートルのピークが空(そら)峠で、八右衛門ノ頭とも呼ばれる。地形図から予想していたが、「隠れピーク」のあるこの付近がルートの山場だろう。あとは、ほぼ下り一方の道になる。
 大きなヒノキの立ち枯れを見て平坦地が現れると中ノ小屋跡に着いた。正ヶ根(しょうがね)谷の崩落地は砂防工事中で、尾根を外した南斜面に迂回路が設けられている。ロープと目印でルートを間違うことはない。平坦地に出たところが五合目だった。左側の支流が近づき、折り返すように谷を渡る。歩きやすくなった植林地を降ると登山口に出た。
 さっそく、集落のいちばん上にある恵那神社へ御礼に参拝する。中津川の川縁まで降り、「日本近代登山の父」と称されるW.ウェストン(イギリス人宣教師)の銅像と対面して正午に山行を終えた。説明によると、氏は1893(明治26)年にここ(川上)から恵那山へ登頂した。著書の “MOUNTAINEERING AND EXPLORATION IN THE JAPANESE ALPS”〔『日本アルプスの登山と探検』(第十章)〕でこの山を紹介している。誌面には当時の風俗や事情が描かれていて興味深い(2022.7.1)。
space
space
220701_21
space
space
サラサドウダン
space
space
space
220701_22space220701_23
space
space
左=淡いタイプのサラサドウダン  右=ゴゼンタチバナ
space
space
220701_24space220701_25
space
space
左=マイヅルソウ(下に写る鐘形の白い花は?)  右=コバイケイソウ
space
space
220701_26space220701_27
space
space
左=イワカガミ  右=ツマトリソウ
space
space
220701_28
space
space
オサバグサ
space
space
space
220701_30
space
space
ウラジロヨウラク
space
space
space
220701_29space220701_31
space
space
左=チョウジコメツツジ  右=マタタビ
space
space
 →「探山訪谷」へ戻る→ホーム(トップ)へ戻る
space