探山訪谷[Tanzan Report]
space
space
space
space
 No.777【高峰高原の山々】
space
220605_1space220605_2
space
space
左=登山口(高峰温泉)  右=イワカガミ
space
space
220605_3
space
space
東篭ノ登山(左)と水ノ塔山(右)
space
space
space
220605_4space220605_5
space
space
左=ツガザクラ  右=ハクサンシャクナゲ
space
space
220605_6
space
space
四阿(あずまや)山(遠景左手)と草津白根山方面(中景の山麓は嬬恋村)
space
space
space
220605_7space220605_8
space
space
左=キバナノコマノツメ  右=ミヤマタンポポ
space
space
220605_10
space
space
赤ゾレと水ノ塔山
space
space
space
220605_11
space
space
浅間山・前掛山(遠景)と手前に黒斑(くろふ)山(中央右手)
space
space
space
220605_12
space
space
西篭ノ塔山(前景右手)と烏帽子山・湯ノ丸山(中景中央左から)
space
space
space
220605_13
space
space
東篭ノ登山から望む根子岳・四阿山(中景左手)と右へ上信国境稜線がつづく(右は横手山)
space
space
space
220605_9space220605_15
space
space
左=アズマシャクナゲ  右=ミツバオウレン
space
space
220605_14
space
space
東篭ノ登山頂上から池ノ平を見下ろす(遠景は蓼科山と霧ヶ峰から美ヶ原の山なみ)
space
space
space
220605_16space220605_19
space
space
左=ミネズオウ  右=ミツバノバイカオウレン
space
space
220605_17
space
space
西篭ノ登山から後立山連峰を望む(見えるピークは左から鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳・雪倉岳・乗鞍岳など)
space
space
space
220605_18
space
space
遠景中央から右に戸隠連峰の第三峰・第二峰・第一峰。西岳・本院岳と高妻山(中景左手は大松山)
space
space
space
220605_20space220605_22
space
space
左=ミヤマダイコンソウ  右=コマクサ
space
space
220605_21
space
space
見晴岳から望む池ノ平(前景)と浅間山(間のなだらかな山は高峯山)
space
space
space
220605_23
space
space
三方ヶ峰から見る烏帽子山(前景右)。中景は手前から東太郎山・大林山・聖山・大沢山の山稜と遠景は後立山連峰
space
space
space
220605_24space220605_25
space
space
左=高峯神社(高峯山)  右=オオカメノキ(ムシカリ)
space
space
220605_26space220605_27
space
space
左=ミヤマハタザオ  右=ハクサンイチゲ
space
space
220605_28space220605_29
space
space
左=シャクナゲの道(高峯山)  右=高峯神社の参道入口(車坂峠)
space
space
space
 浅間山を終えた翌日も昼間は天気がよさそうなので、急遽もう一日つづけて行くことにする。行先は高峰高原付近の山々にしよう。アプローチも前日と同じなので、状況は把握できている。あとは小諸市内で宿があるかどうかだ。

 高峰温泉を出発し、水ノ塔(みずのと)山から東篭ノ登(ひがしかごのと)山へ登り、西篭ノ登山を往復したのち池ノ平へ。見晴岳と三方ヶ峰を経て湯の丸高峰林道を高峰温泉へ戻り、最後は高峯山に寄ってから車坂峠まで歩くつもりである。
 登山口からカラマツ林を抜けると火山らしい景観が広がる。水ノ塔山の頂上には鮮やかな白色のハクサンシャクナゲが咲いていた。荒々しい赤ゾレの崩壊地の上を進む。大半が樹林帯で、あちこちでアズマシャクナゲの花が咲く。岩礫が積み重なった東篭ノ登山からは大パノラマが展開していた。西篭ノ登山の向こうに、残雪の目立つ北アルプスの山々が連なる。八ヶ岳から美ヶ原にかけての山稜ものびやかである。
 兎平へいったん降り、池ノ平湿原入口から反時計回りで進む。見晴岳に登ると池ノ平の湿原を前に浅間山が大きい。三方ヶ峰山頂の砂礫地ではコマクサが紅色の花をつけていた。
 高峰温泉へ戻り、高峯山の頂上南側にある高峯神社に向かう。この道もシャクナゲが多く、立ち寄っただけのことはあった。磐座と思われる大きな岩場の先で矛と祠を目にする。帰途は温泉に戻らず、粒ヶ平からは車坂峠へ降りた。

 小諸は城下町で知られ、慶長17(1612)年に藩主=仙石秀久(せんごく ひでひさ)が築いた城の大手門(国重要文化財)が残る。近くの浅間山麓野草園も見どころのひとつ。北国街道の町並みは趣があり一泊してよかった(2022.6.5)。
space
space
220605_30
space
space
小諸城大手門
space
space
space
220605_31
space
space
浅間山麓野草園
space
space
space
220605_32space220605_33
space
space
左=シモツケソウ  右=オオヤマオダマキ〔手前の黄花はゴールデンコロンバイン(オダマキ)か?〕
space
space
220605_34
space
space
北国街道(光岳寺から)
space
space
space
 →「探山訪谷」へ戻る→ホーム(トップ)へ戻る
space