探山訪谷[Tanzan Report]
space
space
space
space
 No.768【大峰の高峰群】
space
220504_1
space
space
八経ヶ岳(背後に仏生ヶ嶽・釈迦ヶ岳が見える)
space
space
space
220504_2space220504_3
space
space
左=古今宿  右=ニョイスミレ
space
space
220504_4
space
space
八経ヶ岳からの南望(中景左から仏生ヶ嶽・釈迦ヶ岳など)
space
space
space
220504_5
space
space
釈迦ヶ岳(中景左)と明星ヶ岳(前景右)の間に中八人山・石佛山の山稜。右は小森の行仙岳(遠景中央は大塔山系。右は果無山脈)
space
space
space
220504_6
space
space
遠景中央は金剛山。右に葛城山・二上山と生駒山系(中景左は頂仙岳)
space
space
space
220504_7
space
space
大台ヶ原山から台高山脈南部の山稜(最遠景右手の最高峰は高峰山)。前景は白川又川の流域(中景左岸は大栂山の尾根)
space
space
space
220504_8
space
space
中景は竜口(りゅうご)尾根の荒谷峠・荒谷山付近。険しい地形がつづく
space
space
space
220504_9
space
space
七面山(左手)。手前は舟ノ川上流部
space
space
space
220504_10
space
space
大峰山脈主稜〔大普賢岳(中央)の右奥遠景は薊岳。右が白髪岳〕
space
space
space
220504_40
space
space
二重山稜になっている舟ノ多和(垰)付近
space
space
space
220504_11space220504_13
space
space
左=「七面山遥拝」所  右=バイケイソウの新芽
space
space
220504_12
space
space
稜線でも林床はバイケイソウが目立つ(楊子ノ宿近くで)
space
space
space
220504_14space220504_15
space
space
左=仏生ヶ嶽  右=孔雀岳
space
space
220504_16
space
space
遠景左手の台形は笠捨山。手前の右手は中八人山の山稜(孔雀岳から)
space
space
space
220504_41
space
space
孔雀覗の景観
space
space
space
220504_17space220504_18
space
space
左=北側から見た釈迦ヶ岳  右=椽ノ鼻付近
space
space
220504_42
space
space
空鉢岳と行者の座禅石(背後は左から七面山・八経ヶ岳・仏生ヶ嶽など)
space
space
space
220504_19
space
space
オオミネコザクラ
space
space
space
220504_43
space
space
鉄鉢ののった弥勒岩
space
space
space
220504_20space220504_21
space
space
左=釈迦ヶ岳  右=都津門(極楽の東門)
space
space
220504_22
space
space
深仙宿への下りから望む大日岳(左)
space
space
space
220504_23space220504_24
space
space
左=髭塚(背後は四天石の一部)  右=大日岳の行場〔鎖には安政四(1857)年の銘板がついている〕
space
space
220504_25
space
space
四天石・五百羅漢と釈迦ヶ岳(中景左の鞍部は深仙宿)
space
space
space
220504_26space220504_27
space
space
左=大日岳  右=二ツ石(太古ノ辻)
space
space
220504_28
space
space
「背くらべ石」と呼ばれる両童子石(いわ)
space
space
space
220504_29
space
space
トチノキ
space
space
space
space
 弥山から釈迦ヶ岳の間は、大峰山脈のなかでも標高1800メートル以上の山々が集中する山稜である。近畿地方最高峰の八経ヶ岳(仏経ヶ岳・八剣山)をはじめ、大峯山で2番目の標高を誇る仏生(ぶっしょう)ヶ嶽や360度の大パノラマが得られる釈迦ヶ岳など、魅力が詰まったエリアだ。なかでも、奥駈道の行場や見どころという点で、孔雀岳と釈迦ヶ岳の間はとくに注目していた。
 弥山にある「八剣山・前鬼」の標石から南下すると、オオヤマレンゲを保護する区域に第五十二靡(なびき)の古今(ふるいまの)宿(しゅく)をがあった。八経ヶ岳では、これからたどる大峰山脈の主稜が行く手に延び、北側には遠く金剛山や生駒の山なみも姿を現している。
 明星ヶ岳のピークは奥駈道から少しはずれてあった。舟ノ多和(垰)までの間に、菊ノ窟・禅師(ぜんじ)ノ森・五鈷嶺(ごこのみね)の靡を数えるが、場所は明確でない。七面山は東峰に岩壁(煤jがあるのでよく目立つ。
 楊子(ようじ)ノ宿を過ぎると標高差200メートル以上の登りになる。仏生ヶ嶽と孔雀岳はなだらかな稜線のピークだが、道は西面をトラバースして通過する。修行にとって、必ずしも山頂がかかわるものでないことを教えてくれた。
 孔雀覗を過ぎると椽(えん)ノ鼻が近づく。五百羅漢(十六羅漢)・鐺(こじり)返し・両部分け(螺摺り=かいすり)・鉄鉢岩(弥勒岩)・空鉢(くうはち)岳などが次々と現れ、岩稜の登り降りがつづく。鎖場もある。ふと見上げると、オオミネコザクラが岩場のあちこちに咲いていた。
 釈迦ヶ岳は人気の山で、十津川村側(旭の太尾登山口)から次々と人が登ってくる。子供づれも多い。大正13(1924)年に前鬼から担ぎ上げられた釈迦如来立像が頂上に立つ。強力(ごうりき)の岡田雅行(おかだまさゆき)氏によって設置され、その怪力から地元では「オニ雅」と呼ばれていた。
 千丈平への道を分け、ミツバツツジの咲く斜面を降ると都津門(とつもん=「極楽の東門)が現れた。岩場に開いた穴から背後の緑が覗く。どうも、人の手によって行場造りがなされたらしい。鞍部の平坦地に深仙(じんぜんの)宿・灌頂堂が建ち、四天石の近くに髭塚の石碑が立つ。香精水は「万病治癒の霊水」とされ、参詣者が持ち帰ったようだ。周辺には他にも隠れた行場があって、奥駈けでは何日も逗留する重要地点である。かつては、人の背によって前鬼から物資が運ばれていた。聖天ノ森と露岩の集まりとされる五角仙(ごかくせん)は大日岳側の靡である。
 宝冠嶽とも呼ばれる大日岳は行場を登る。振り返れば釈迦ヶ岳南面の岩場が一望だ。頂上の大日如来像は同じ強力によって運び上げられたもの。大日岳東側の支稜にある1357m峰は第三十四靡の千手岳で、頂上直下に千手観音像が安置されているという。
 太古(たいこ)ノ辻は前鬼(ぜんき)に下る道が分岐する要所で、稜線には「これより大峯南奥駈道」の大きな標識が立ち、傍に第三十三靡の二ツ石が並ぶ。階段を降ると大日谷に近づき、山腹をトラバースした先の尾根に両童子石(いわ)が突然現れる。谷筋に入ると傾斜は徐々に緩くなり、開けた空間にトチノキの巨樹が点在する。周囲は美しい広葉樹林が広がっていた。
 注連縄の張られた神社から石段になり、石積みに囲まれた平坦地がつづくと前鬼の行者堂に降り立った。暗(くらがり)峠の鬼〔前鬼=義賢(ぎけん)、後鬼(ごき)=義覚(ぎかく)〕が役行者の従者となって、修験者のために住み着いたのが発端とされる。古くは小仲(おなか)坊(五鬼助=ごきじょ=義達)・行者坊(五鬼熊=ごきくま=真義)・森本坊(五鬼継=ごきつぐ=義継)・中之坊(五鬼上=ごきじょう=義上)・不動坊(五鬼童=ごきどう=義元)という五つの宿坊があった。私の若い頃は森本坊もあったが、現在でも営まれるのは小仲坊だけになった。
 61代当主の五鬼助義之さんによれば、屋敷の下の石垣は田畑の跡だという。多い時には7軒30人以上が生活していたとのこと。前鬼川上流の標高750〜800メートルの開けた緩斜面に、修験道の隆盛を偲ばせる風景が広がる。道路ができる1960年代まで、ここの生活を支えたのは牛抱(うしだき)坂の険しい峠道だった。耕作用に仔牛を抱えて登ったことが地名の由来で、十津川村との往来には嫁越(よめこし)峠が使われた。修験そのもののような集落の歴史である(2022.5.4)。
space
space
前鬼
space
space
space
220504_30space220504_31
space
space
左=上野神社参道の石段  右=五鬼童住居跡
space
space
220504_32space220504_33
space
space
左=五鬼熊住居跡  右=五鬼上住居跡
space
space
220504_37space220504_38
space
space
左=五鬼継住居跡  右=ミツマタの新芽
space
space
220504_34
space
space
小仲坊
space
space
space
220504_35space220504_36
space
space
左=小仲坊の室内  右=行者堂
space
space
 →「探山訪谷」へ戻る→ホーム(トップ)へ戻る
space