探山訪谷[Tanzan Report]
space
space
space
space
 No.764【向山連山】
space
220408_1space220408_2
space
space
左=登路に咲くコバノミツバツツジ  右=アセビ
space
space
220408_4
space
space
氷上町石生を見下ろす(正面は高谷川流域)
space
space
space
220408_3
space
space
向山から五ノ山の稜線
space
space
space
220408_5
space
space
柏原方面(遠景左手は西光寺山。遠景右は妙見山)
space
space
space
220408_6
space
space
黒井城趾(中景中央)
space
space
space
220408_7
space
space
中景は五台山・五大山の山稜(遠景右手は親不知)
space
space
space
220408_8
space
space
尾根に群生するヒカゲツツジ
space
space
space
220408_9
space
space
ヒカゲツツジ
space
space
space
220408_10
space
space
蛙子展望所から珪石山を望む(遠景左は西寺山。中央に西光寺山。右は妙見山)
space
space
space
220408_12
space
space
天狗岩から見下ろす石生駅周辺
space
space
space
220408_11space220408_13
space
space
左=珪石の採掘跡  右=いそ(「山」に「石」)べ(「部」)神社
space
space
220408_17
space
space
鳳翔寺
space
space
space
space
 丹波でも、兵庫県氷上(ひかみ)の山々にはヒカゲツツジの群生するところが多い。向(むかい)山周辺も有名で、花の時期に訪ねたいと思っていた。今では地元がアピールに熱心で、コース情報や道標がよく整備されている。
 石生(いそう)駅から観音堂登山口に向かい、時計回りで周回する。尾根の下部はコバノミツバツツジが彩りを添え、四ノ山を越えてからは淡い黄色の花が目立ってきた。風の通らない日当たりのよい岩場に多く生育する。今春はまだ咲き初めといった感じで、蕾のものも多い。
 向山(三等三角点)から五ノ山を経て蛙子(がえるご)展望所を過ぎると雰囲気が変わり、雑木林にタムシバの白がよく映える。かつて耐火煉瓦に使用する珪石を採掘した跡を見てから清水(きよみず)山(国土地理院の点名は「しみずやま」)に登る。天狗岩ではツツジの花を前に、柏原(かいばら)方面の風景がすぐ下に広がっていた。下山した鳳翔(ほうしょう)寺には山門の横にツガの巨樹が聳える。
 高谷(たかたに)川付近は低地の平野にある「谷中分水界」で、日本一低い中央分水界である(「石生の水分かれ」)。標高は95.45mとされ、仮に今の地形のまま海水面が100m上昇すると本州は東西に分かれる。直線的な高谷川(加古川水系)上流に「水別(みわか)れ公園」があり、由良川水系へ水を流す樋門も見ることができた。傍に式内社のいそべ神社があり、背後の剣爾(けんじ)山には磐座がある。山麓の風景も春らしい長閑さを漂わせていた(2022.4.8)。
space
space
220408_14
space
space
分水界(直進は加古川水系へ。右は由良川水系へ)
space
space
space
220408_15
space
space
福田寺
space
space
space
220408_16
space
space
石生の町並み
space
space
space
 →「探山訪谷」へ戻る→ホーム(トップ)へ戻る
space