探山訪谷[Tanzan Report]
space
space
space
space
 No.758【利島を歩く】
space
220323_1
space
space
富士山(手前を左から万三郎岳・万二郎岳・遠笠山と富士山の右に矢筈山が並ぶ)
space
space
space
220323_4space220323_5
space
space
左=シチトウスミレ(タチツボスミレの伊豆諸島型) 右=ハチジョウキブシ
space
space
220322_10space220323_19
space
space
左=阿豆佐和気命神社  右=前浜から大島を望む
space
space
220323_7space220323_11
space
space
左=阿豆佐和気命本宮  右=大山小山神社
space
space
220323_14space220323_15
space
space
左=オオシマヤマザクラ  右=サクユリ
space
space
220323_16space220323_17
space
space
左=下上神社  右=玉石垣がつづく集落の道
space
space
220323_30space220323_31
space
space
左=アスカイノデ  右=ヘラシダ
space
space
220323_21space220323_22
space
space
左=キケマン  右=保存されるハシケ時代の設備(艀と海の歴史広場)
space
space
220323_24space220323_25
space
space
左=八幡神社  右=ネズミの駆除に成功した梅田一郎の功績を讃える彰徳碑
space
space
220323_2
space
space
椿林
space
space
220323_20
space
space
ツバキの巨樹
space
space
space
220323_3
space
space
ウラシマソウ
space
space
space
220323_6
space
space
阿豆佐和気命本宮の社叢
space
space
space
220323_8
space
space
左から鵜渡根島・新島・式根島・神津島(南ヶ山園地から)
space
space
space
220323_9
space
space
神津島(手前は式根島)
space
space
space
220323_10
space
space
大山小山神社の林
space
space
space
220323_13
space
space
展望台から利島港・集落を見下ろす(遠景右は大島。左から三原新山・剣ヶ峰・白石山・二子山が並ぶ)
space
space
space
220323_23
space
space
クロマツと利島小中学校
space
space
space
space
 宮塚山に登った翌日は神津(こうづ)島へ移動し、天上(てんじょう)山に登る予定だったが、夜半から風が強く朝方も白波が立っている。船の欠航が決まり、島でもう一日過ごすことになった。
 時間があるため、昨日のルートをできるだけ避けてもう一周する。港を出て西側の椿林から南ヶ山園地をめざして歩き始めた。途中には阿豆佐和気命(あずさわけのみこと)本宮や「二番神様」と呼ばれる大山小山神社(山神様)、下上(おりのぼり)神社(「三番神社」)があり、他の社寺もそれぞれ参拝する。神社の神域はどこも巨木が茂り、とても見応えがある。また、小中学校の校門前にあるクロマツも見事な大木だった。
 1980(昭和55)年に港が設置されるまでは、ハシケが人の往来と島の暮らしを支えていたという。地形などの関係から港湾の掘り下げと整備が難しく、なかでも冬期は風と波の影響を受けやすい。今回はまさにそのタイミングに遭遇した。
 この島の特徴は、火山島ゆえの水に恵まれない状況であろう。昔の話だが、「一升瓶に水を入れて持っていくと喜ばれる」と伝わるほどだ。だが、椿油の生産量は全国の約6割、伊豆諸島の約7割を占めるという。この産業が人口300人ほどの小さな村を成り立たせている。大型のサクユリを改良した品種も出荷額が大きいようだ。滞在したことで見える風景があった(2022.3.23)。
space
space
220324_1
space
space
天上山(神津島。撮影=2022.3.24)
space
space
space
220324_2
space
space
西側から見た利島(撮影=2022.3.24)
space
space
space
 →「探山訪谷」へ戻る→ホーム(トップ)へ戻る
space